院長ブログ

sp_bn01.png

2010.05.16更新

連休遊び過ぎたのか風邪をひきました。最初はのどの痛みが数日続き、やがて汚い痰が出始めました。これはマズイと抗生物質を飲み始めたところ痰は出なくなり、一安心と思っていたところ、ある晩激しく咳き込んで目が覚め、それから咳がとまりません。
 これは咳喘息だ、と診断は付きましたが、住まいには何も治療薬がない。眠れぬまま一晩を過ごしました。
 思い出せば十数年前、咳喘息が出て私は禁煙したのでした。それ以来一回も症状が出ず忘れかけていたところでしたが、感染によって誘発されたようです。喘息の患者様には、いつ発作が起こるか判らないから、薬は必ず常備しておいてくださいネと、常日頃指導申しあげていながら自分がこの体たらく、汗顔の至りです。
 翌日からはステロイドと気管支拡張剤の合剤の吸入をはじめて、ピッタリ咳は止まりました。
 あと問題はいつまで治療を続けるかですが、呼吸器学会は出来れば3ヶ月の治療期間を推奨していますが、現実的には難しいところ、個人的には1ヶ月を過ぎたころから様子を見ながら漸減しようかと考えています。
 咳喘息について宮川医院さんが詳しくまとめて下さっていますのでご参照ください。
 咳が長引いたら、あるいは夜中にひどかったら、是非当院へご相談ください。

投稿者: 篠崎医院

院長ブログ Facebook
メールでのお問い合わせ