院長ブログ

sp_bn01.png

2007.06.10更新

更新をご無沙汰しておりました。先週の日曜日は江戸川区の休日診療所に出ていたので、2週ぶりのお休みです。
 新宿へ出て、東郷青児美術館で開かれているペルジーノ展を見てきました。ルネサンス時代に活躍した画家で、有名なベロッキオの工房でダ・ビンチやボッティチェリと共に学び、後にはラファエロの師匠になった人です。当時大変に人気の有った人で、システィーナ礼拝堂の壁画を描いたり、フィレンツェとペルージャに二つの大工房を運営し、大分蓄財したそうです。ちなみにシスティーナ礼拝堂の正面、現在最後の審判が描かれているところには、元はこの人の壁画が有ったそうです。今回来ている絵の数も少ないのですが、あまり印象に残る絵は有りませんでした。画家としてよりは、経営者としての才の方が有った人なのだろうなと感じました。
 絵を見た後はお決まりのアルデン亭へ。ここのスパゲティは本当に病み付きになります。乾麺を注文を受けてから茹でるので、時間はかかりますが、固めの麺のモチモチ感が堪りません。イタリア人のたまり場になることでも有名です。写真を撮って来ようと思っていたのに、忘れて貪るように、カルボナーラを堪能して帰りました。

投稿者: 篠崎医院

院長ブログ Facebook
メールでのお問い合わせ